REPORTFEED

TAIYO33OSAKAのイベントなどをサンサンと報告していきます◎

1  2
[ 2012.11.25 ]

2012年11月7日 東京PAOS!@渋谷WWWレポート

(テキスト:かわくぼあきまさ、安田むつよ)

東京PAOS!2日目。
11月7日、"いま、ここにしかない"表現の場という謳い文句の、『渋谷www』というライブハウスで行われました。
このライブハウスはもともと映画館として使われていたところで、ステージがどこからでも観やすく、また天井も高いために開放感のある素敵な場所でした。

会場には約200人ほどのお客さんが集まってくださり、人の力があふれる時間・空間となりました。

2ステージ制で行われ、メインステージと少し小さなラウンジステージでした。どちらにも行き来しやすく、選択しながら様々な表現を鑑賞できる、自由な場所でした。

まずはラウンジステージの報告です。
最初に始まったのは奇妙礼太郎さんでした。

01.jpg撮影:石井麻木

ラウンジステージには、お客さんがたくさん来て下さり、奇妙さんとの距離が近すぎるくらいの空間でした。奇妙礼太郎トラベルスイング楽団も良いけれど、弾き語りは、ほっこりして癒されて本当にいいんです。2日目来て下さった方は、この弾き語りの良さを知っていたんですね。この日の奇妙さんの「ずっと~ずっぅっとぉ~君が好き~」の歌声に、なんだか心をほぐされて涙が出てきました。

奇妙さんの歌声に癒された後は、新しいエネルギーを作る『R水素ネットワーク』江原春義さんの『R水素』のトークを1部2部合わせて50分、語って頂きました。

02.jpg

R水素とは、再生可能エネルギーと水素による持続可能なエネルギーのかたちです。
「R水素サイクル」は、水と酸素と水素が永遠にくるくる回るエネルギーのしくみです。水や空気を汚すことがなく、有害なゴミを出すこともありません。また独占できず、お金も権力も集中することがないので、紛争や貧困を引き起こすことがなく、命を傷つけることもありません。水素の安全性やプロジェクト企画のことを、江原さんからプロジェクターを使いながら説明していただきました。この日は、自宅でも出来る水素の作り方の実験も行いたかったのですが、残念ながら時間がなく、説明だけで終わってしまいました。
最後に、お客さんからの「私たちはこのR水素を作るのに、どういう活動をすればよいのか?」「なぜ企業は作らないのか」「他企業が作るエネルギーとどう違うのか」、という質問に江原さんにわかりやすく解説していただきました。その質問の解説内容は、『R水素ネットワーク』のHPに載っています。http://rh2.org/project/にアクセスしてみてください。絵を用いたわかりやすい説明で、水素の安全性とR水素(再生可能水素)が世界を変える10の理由、というものが記載されています。ここはぜひチェックしてみてください。

ラウンジステージでは、他に、メガネさんによる発電ポールダンスとプリミ恥部(ちぶ)さんによる宇宙マッサージ が行われていました。
最近は、自転車発電がブームでいろんな人に知られていますが、発電ポールダンスは知らない方が多かったみたいで、演奏とトークが終わった後、ラウンジステージでは、ポールダンスに興味深々な方がたくさん見に来られていました。メガネさんの衣装は何度も変化し、セクシーなダンスで、ポールを回す。その回ったポールで発電するという仕組みでした。ポールで発電・・・・おもわぬところにエネルギーは隠されていますね。
ラウンジステージの2階では、プリミ恥部さんの宇宙マッサージと33のスタッフ、サトちゃんのマッサージを受ける方をたくさん見かけました。皆さん、ほっこりした顔で、メインステージに向かい、この日を満喫されていたように感じました!

そして同時進行で行われていたメインステージでは、DJ・VJによる音と映像の妙というか、ちょうど良い心地から始まりました。お客さんは、まったり聞いている人、踊っている人など様々で音楽と映像という空間で時間を自由に行き来しているような印象でした。

そこからのライブパフォーマンスはとにかく迫力の連続で、観ていてずっと興奮の連続でした。
dance、talk、など、表現する形は違えど、そこには身体、感情、といったとても原初的で、生命の鮮やかさが浮かび上がっていました。

最初のライブはN'夙川BOYS。

03.jpg

ほんとに迫力満点でした。音楽はもちろんのこと、そのパフォーマンスは本当に素晴らしいと感じました。お客さんを参加させる力はまさに"人"こそが最大のエネルギー。人と人との相互作用によるパワーの解放です。
最後にフロアのお客さんの上にN'夙川BOYSの3人が立つ場面がありました。そのときの「勇気を出して」と声をかけるマーヤさんの姿が印象的でした。少しの勇気が人の体験を変えていける、という希望でした。

福島のかんしょ踊りでは、お客さんを巻き込んでのステージ、フロアが一体となって行われた時間でした。踊り方なんて知らないけれども、その場で感じたまま、その場の人が身体を動かしていく、動かされる踊りでした。みんなで同じことをすることの壮大な力をまたここでも感じました。人のエネルギーは無限大にある、と信じることができました。そして、何でも良いのだ、と混沌とする世界の中の軸となる部分を見事に表現している場だと感じることができました。N'夙川BOYSさんからの「勇気を出して」との言葉がつながっていました。

そして、最後の七尾旅人×PIKA☆×サイトウケイスケです。

04.jpg撮影:石井麻木


05.jpg撮影:石井麻木


06.jpg撮影:石井麻木


その場で出演者の3人が対話しながらその場を作っていくという演奏・演出でした。時には激しく、時には穏やかにその時間は過ぎていきました。生きる体験を体験したものだけでなく体験できる物語のようでした。聴覚と視覚によって様々な感情を体験することができる。喜び、悲しみ、尊び、学び、苦しみ、などここでは書ききれない、言葉にならない感情が渦巻いていました。かんしょ踊りで参加した後、七尾旅人×PIKA☆×サイトウケイスケの圧倒的な力をみて、何かの衝動が生まれた人もいたのではないかと思います。

他にも、煙巻ヨーコさんのダンスショーなども行われていました。

07.jpg撮影:石井麻木


また、FOODとして鎌倉にある天然酵母を使ったパン屋さん、 PARADISE ALLEYの方々が出店してくださいました。このパンは、本当においしいです。今まで出会った中で最も魅力的だ!と言いたいパンでした。色やデザイン、そして思い。それらがこの東京PAOS!2日目の会場と相まって醸し出す存在感はとても良い香りでした。

08.jpg


最後になりましたが、スタッフとして参加した全体的な報告もさせてください。
ステージ外では様々な人と話すこともできる場所であったと思います。そう、人がエネルギーであるからこそ、人同士がもっともっとつながる場所が生まれる様な気がしました。
音楽だけでなく、ヘアカット、ダンス、マッサージなどもあり、すべての身体に関わることは人と人とをつなぐことができるのです。身体に関わることは全て、どこかに普遍性が存在している気がしてなりません。だから交われると感じています。

ここからです。3月3日に向けて、人のエネルギーがアートを通して出会うことで、どんどん大きくて明るいものになっていくのではないかと思います。

[ 2012.11.25 ]

2012年11月6日 TAIYO33映画祭@渋谷UPLINKレポート

(テキスト:野口直也)

ぽぽぽぽ~んと月日を重ね、やってきました花の都・東京~!!!!

今回我々の企画「33シアター祭」が行われるUPLINKに潜入。
面白い映画はまずここで世間にお披露目されるということで、いかにもカルチャーの最前線を走っているという雰囲気
(てかフライヤーの数がハンパない...!!)。
命がけの渋谷センター街パレード大行進が終わった後のメンバーミーティングは重たい雰囲気。。。
すでに33スタッフ何人か死にかけてます(笑)
今回は会場を1階の、2階のと分けておりまして1階のROOMではライブやトークも行われます。

01_P1010216.JPG

各33スタッフ持ち場に着いたのはいいものの、タイムキーパーの僕に
仕事がない!!仕事をくれ~!!
というわけで渋谷の街に向かってTAIYO33OSAKAのアピール大合唱☆
安田さんもっくんとチラシ配りしてたらカップルの方が入場してください
ました!! 

そんな中テラスでは遠藤ミチロウさんと辰巳礼子さんとPIKA☆がトークの
打ち合わせをしておりました。

Aプログラム「ホピの予言」上映。
その後に御三方にはトークショーをしていただきました。
トークが終わってからカンパBOXにカンパをいただいたのですが、
もう会場熱気ムンムン!!ですたい。
ミチロウさんの熱さが伝わったのかな??

02_DSC_1787.JPG

(写真:高橋裕大)

辰巳さん。。。

03_DSC_1807.JPG

(写真:高橋裕大)

Bプログラム「シェーナウの想い」上映。
そして高橋久美子さんとトンチさんとPIKA☆によるLIVEセッション。

04_DSC_1931.JPG

05_DSC_1937.JPG

(写真上下:高橋裕大)
高橋久美子さん着物キレ~!!
すごいお上品な方でスタッフルームでも終始なごやかでした◎

06_DSC_1877.jpg

(写真:高橋裕大)
トンチさんのスティールパンが廊下にも響き渡る中、会場内では高橋久美子さんの朗読&PIKA☆の熱いギター!!

会場のみなさんもカンパを盛大にくださって、ありがとう×33ですわ~。
33スタッフとしてはライブ終了後、後片付けの時のPIKAとトンチさんのガールズトークが微笑ましい現場でした◎

Cプログラムは
TAIYO33アーカイブスとバンクシー映画。。。

07_DSC_1853.JPG

アチャコの軽妙なトークと松本哉さんと磯部涼さんのバンクシー愛で会場が
笑顔に包まれました。
(写真:高橋裕大)

何をどうこう言っても、
UPLINKのスタッフのみなさん本当にありがとうございました!!!!
あ~また何かやらかしたい!!
3月3日にまたお会いしましょう◎◎◎

[ 2012.07.23 ]

2012.6.11〜15 TAIYO33OSAKA×CONPASS presents「どPAOS!~平日都市型まつり主義~」レポート『トンネル抜けて』

『トンネル抜けて』

みなさん!!チャオ!!
今回の記事は、太陽33大阪が6月11日から15日まで平日の5日間をかけて行われた、どパオスのレポートです!!

木々、野花、藁を基調にコタケマンの空間演出によって設えられ不思議な森のような場所と化した、心斎橋の歓楽街の地下にあるクラブであるconpass。

ラウンジフロアへは靴を脱いで畳に居座れるスペースがあり。メインフロアを映像で中継し。マッサージも受けれる、誰もがくつろげる場所を設けており、
フロアを繋ぐスペースでは自転車発電、フリーマーケット、様々な市が開かれていました。

DSC_0362.jpeg

DSC_0004 のコピー.jpeg

DSC_0325.jpeg

DSC_0331.jpeg

週末だけが解放された時間ではない、平日だけが働く時間じゃない。平日の夕暮れから夜の繁華街を抜けると何時でもない何処でもない不思議な森へ繋がる事だってあるのだ。
今回のどパオスはこのような場で開かれました。

それぞれのフィールドで活動している方をお呼びしてのトークイベント&世の中の多様な在り方を切り取ったドキュメンタリー映画の上映。
震災を機に今まで生活を支えてきたものが揺らいだ事に対し、その生活を支えてきたものとは何であったのかについて、トークと映画では、日本で、世界で住んでいる誰もが向き合っている事が浮き彫りにされた。
先人達が豊かに暮らすためにつくりあげてきた社会をどう繋いでいけばいいのかをみんなで考える場になっていました。

DSC_0347.jpeg

DSC_0479.jpeg

今まで培ってきた環境や立場、そして地域によってそれぞれのアクションの興し方に違いが出てくる事。
アーティストやミュージシャン、市議会議員、NPOで活動する人や、個人で何かを興している人がそれぞれのやり方で自分自身の事と自分の暮らす環境の事、その環境が外へ繋がっていく様を語り合う。
たくさんの人が耳を傾けてくれ、どのトークも終始笑いが絶えずしかもせきららです。(笑)

自分の場所(家そのものや暮らし方)を開く事で現れる無縁の場。そこには社会や地域を超えた人との繋がりの関係がみえてくる。
その感覚は断絶されたそれぞれの世界を自由にハックキングしていくようなイメージを持つ事ができ、個人と住み暮らす場所そして遠くの世界を3コ1で繋げて考える事が生きる事そのものにつよく関わっているという事に気づきました。

そんなどパオスのクライマックス、福島の民衆踊り『かんしょ踊り』をフロアの中で輪になって踊り。ただ楽しいだけで愉しいという事に、音楽と踊りの凄さにおののき、フロアからそのまま夜の街へ駆け出して行き、踊りの輪はパレードと化し畳の神輿にPIKA☆さんをのせて(!?)、鰻谷商店街からひっかけ橋まで繰り出しました。
あらゆる思いの切片を抱えパレードは進み。意味を超えて祭り興しを大阪の街へ伝播させていく!!

DSC_0520.jpeg

DSC_0668.jpeg

DSC_0680.jpeg

最高潮のパレードをもってどパオスはおわりを迎えました!!



素晴らしい音楽を届けてくれたみなさん。それぞれの立場をせきららに語りあってくれたトーク出演者のみなさん。
そしてどパオスに来てくれたみなさん。本当にありがとうございました!!
またすぐ会いましょう!今日空いてますか?じゃあ会いましょう!!あはは!!

トークのいくつかはUSTREAMでアーカイブ化されてるので是非チェックして下さいね。

もっと教えて大阪のこと、アウトなこと
http://www.ustream.tv/recorded/23283343

コミュニティという現象を超えた広がり、繋がり
http://www.ustream.tv/recorded/23404990

渡辺俊美×森彰一郎×カルチャーBOY(アチャコ
http://www.ustream.tv/recorded/23325758

今の福島、福島の今~福島在住の人々の声
http://www.ustream.tv/recorded/23408093

配信:OTOnaART

※ トーク内で出てくる情報は正確な情報だけではありません。 情報を受け取られる事に関して、あくまでご自身のご体験からのご判断におまかせします。



TAIYO33OSAKAは祭り興しを興しています。
僕らが担ぐ神輿ってなんなんだろうって模索する振る舞いをできるだけ多くの人と共有しながら祭り興しをしたいなと思っている、現実に存在するファンタジーです。
神輿を担ぐ時に人が少ないと重たい神輿は担げないと思います。クラクラしちゃうくらいヤバいグルーブがないと担げないような気がします。
いつもTAIYO33OSAKAを説明する時に困ってしまいますが、なるたけイデオロギーなく色んな事を興したいのでややこしいと思われますが絵をみたり映画をみたりするようにTAIYO33OSAKAに触れてもらえればと思います。

これからもどんどんTAIYO33OSAKAは突き進みます!!どんどんどん!!どどっど、どん!!
太陽33OSAKAは毎日動いております!勝手にあなたも太陽33OSAKAだと僕は思っています。無縁の場から始めましょう!!

ではまたお会いする日まで!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

TAIYO33OSAKAで興すこれからのイベント!!

!!!!!!!!!((((((((((これからのイベントの告知))))))))))))!!!!!!!

8/25 @京都urbnguild

「PAOS!~京都初上陸~」@木屋町UrBANGUILD(www.urbanguild.net/

一部
13:30オープン/14:00スタート
二部
19:00オープン/19:15 スタート

■前売り2000円(別1D) / 当日2300円(別1D)/ 通券 3000円(別1D)

<<第1部>>
【上映】「内部被曝を生き抜く」監督 鎌仲ひとみ
『内部被ばくを生き抜く』(2012/カラー/デジタル/Hivision/約80分)
監督:鎌仲ひとみ
プロデューサー:小泉修吉
助監督:澤口佳代
撮影:岩田まき子
編集:青木 亮
音楽:Shing02
製作・発売・配給:株式会社 環境テレビトラスト

【TALK】 廣海緑朗(ヒロミロクロウ) × 守田 敏也(内部被曝著者/岩波ブックレット)and Special GUET....!!!??

【LIVE】
Frying Dutchman
COSMIX
たゆたう

<<第2部>>
【TAIYO33SUMMIT】 「風営法ってナニナニナ~二?=京都編=」
ゲストコメンテーター:中村和雄(弁護士)・ F.M.N石橋 ・ SIMIZU (softlive.jp) , 森島映(AUX) andmore... !!!
※プロジェクターを使って、風営法について勉強します。

【LIVE】
ゆーきゃん×足田メロウ
PIKA☆×マロン
Shut Up Merry
はまぐちさくらこ(紙芝居)

【FOOD】角煮國 * anowa (オーガニック野菜*加工品etc)

【SHOP】DOMA

【BODY】太陽33マッサージ /直傳靈氣 手もみマッサージ アロマッサージ

【DECO】mahorama

【USTREAM】OTOnaART

【MATURI】セルフ祭り

予約:木屋町UrBANGUILD.net(www.urbanguild.net/

8/26 プロジェクトFUKUSHIMA@江之子島

『プロジェクトFUKUSHIMA大阪編@江之子島』

詳細未定ですが乞うご期待!!お楽しみに〜〜!!

[ 2012.03.10 ]

2012.3.2世界初?自転車発電の電力でユーストリーム配信しました!

太陽33ユーストリーム班と上町電力と沖田電気(株)は太陽大感謝プレ祭りにて
パインブルックリン(大阪市福島区)から自転車発電の電力を使ったユーストリーム配信
を世界初(おそらく)で実施&成功しました。

☆結果☆
電力             放送時間
自転車発電           1H
自転車発電+ソーラー発電    3.5H
自転車発電+関西電力      12.5H
              合計 17H

自転車発電のみでのユーストリーム放送は、
3/2 18:15 山本精一&原子力潜水艦 にて開始、1H放送しました。

但し、機材トラブルや電力不足によりその他の配信はソーラー発電や関西電力を併用しての
配信となりました。

☆感想☆
今回ユーストリームを太陽33発電所(上町電力と沖田電気(株)プロデュース)の自転車6台で実施して
大きな発見が二つありました。
一つ目は、お客さんがみんな必死に自転車をこいでくれた事。
始める前はこいでくれるか不安もあったんですが、
『自転車こがない→ユーストストップ』というすごくわかりやすいシンプルな仕掛けであれば
多くのお客さんにこいでもらえることがわかりました。

二つ目は、上町電力と沖田電気(株)の自転車発電システムの完成度の高さ!
今回のシステムは、
一人当たりの負荷(仕事量)=必要な発電量÷人数
となっていたので、
自転車をこぐ人数が多いほど負荷(自転車をこぐ重さ)が小さくなります。
なので、今回自転車をこぐ人の間に妙な連帯感が発生したり、誰かがさぼるとすぐにばれたりと
ゲーム的な要素が発生し盛り上がりました。


以下、詳細なレポートです
☆当日のシステム☆
自転車発電ust.png

一日目は消費電力の小さいASUSのスマートノートブックを使用。
二日目は機材トラブルによりASUSが使えなくなったのでmac book proを使用。

これは消費電力(燃費)にものすごく大きな差がありました。
ASUSのスマートノートブック ◎
mac book pro       ×
が正直な感想です。

☆自転車発電までの流れ☆
1)ASUSのスマートノートブックの電池残量を0%にする
2)自転車発電で電池残量を33%まで充電する
3)放送PCを切り替える

PC起動

自転車発電中

18:15〜 山本精一&原子力潜水艦にて自転車発電ユースト開始
放送途中から機材トラブルにより音声不調発生し、mac book proに機材変更
以後、自転車発電+関西電力で最後まで配信実施しました。

☆自転車発電+ソーラー発電
2日目は七尾旅人+大友良英ライブ終了後からソーラー発電との併用で実施。
自転車発電のみでは10%程度までしか充電できなかったmac book proですが、
ソーラー発電によりほぼ最後まで無事放送できました。

[ 2012.02.14 ]

2012.02.14『PAOS!vol.10』〜お父さんサミット〜@鰻谷SUNSUI@鰻谷SUNSUI

LIVE:オオルタイチ/オニ/AAJAA DJ:金本武志(蒼月書房)
「TAIYOお父さんSUMMIT」:稲田誠(tana record)×うーちゃん(一番☆狂)×いのり(ざ×こ×ば)×佐伯慎亮(写真家)×SHIMPO(VJ)
でらっくす(みんなで決めよう「原発」国民投票)×中本勝巳(sea of green)×吉田雅生(おとうた通信)×森田敏一(みんなで決めよう「原発」
国民投票)





[ 2012.02.07 ]

2012.02.07『PAOS!vol.9』〜お母さんサミット〜@梅田シャングリラ

LIVE:奇妙礼太郎トラベルスイング楽団/ワッツーシゾンビ
「TAIYOお母さんSUMMIT」:オニ(ミュージシャン、主婦)×YA△MA(DJ)×吉田紀子(mahorama)×蔦谷朋美(そば切り蔦屋)×かめ
(お好み焼きどかどか)×宇沢ふみか(洋服つくり)×内田ユッキ(絵描き)×藤山なおみ(主婦)





[ 2011.12.24 ]

2011.12.24『PAOS! vol.7』@松屋町 地下一階@松屋町 地下一階

LIVE:ムーン♀ママ/Water Fai TALK:MAKI(Water Fai)×MAKI母×MAKI祖母「原爆体験を語り継ぐ」





[ 2011.12.15 ]

2011.12.15『PAOS! vol.6』@喫茶エーボン@喫茶エーボン

-LIVE-
さとう(さや+ytamo)
彼方(日野浩志郎+呉山夕子+田上敦巳)

-TALK-
PIKA☆×呉山夕子(Water fai)×DODDODO

-上映-
「ホピの予言」


大阪のこれまたディープな町の中にある"喫茶エーボン"にて開催された「PAOS! vol.6」。住宅街を突き進むと、ぽっと現れる3階立てのお店。

今年で創業40周年を迎え、多くのミュージシャンがライブをしたり、個展をしたりと、個性豊かな方々が出入りするアットホームな喫茶店...ですが、なんとも不思議な空間☆まだ訪れた事の無い方は、要チェックなお店です!!!

さて今回は、「PAOS! vol.5」に引き続き、まずは映画上映からスタート!
ドキュメンタリー映画「ホピの予言」。平日にも関わらず、お仕事帰りの方などなど、色々な方々がお越しくださいました。日本の歴史にも深く刻まれている、ヒロシマ・ナガサキに投下された原始爆弾にまつわる話から始まり、"今"この世界に生きている限り、もう一度、真剣に考えて生きていくべきではないだろうかと問いかけられる内容。それぞれが、様々な想いで観ていたかと思います。

映画の後は、各々エーボンのご飯を食べたり、お茶をしつつ、ゆるやかムードでライブへと移りました。彼方(日野浩志郎+呉山夕子+田上敦巳)のライブからゆるやかに始まり、さとう(さや+ytamo) へと続いていきました。今回の会場は喫茶店ということもあり、のんびりと音楽を楽しめました。しかもエーボンのこの空間☆★☆異空間へと連れていかれる様な心地よい時間となり、会場のお客さんも、まったりのんびりと堪能されていた印象でした!

そして、休憩をはさみトークへ!いや~ガールズトークでしたね!あっ...別にキャピキャピした恋バナやった!わけではなく。。。(笑)「しばらくツアーで関西を離れていて、帰宅した時に電気つかんかったこと...あるある~!!」みたいな、なかなか貴重な対談になったのではないでしょうか。電気が普通にあって使えるという有り難みなど、3.11以降に感じとった事や、想いを語り合いながら、時には来場して頂いたお客さんの意見・疑問も交えながらの、アットホームなトーク・コーナーとなりました。そして、TAIYO33OSAKAが協力している市民投票を紹介するコーナーでは、知ってる方も知らない方も会場内にいて、それに対して、代表のピカ☆さんを中心に、丁寧に解説していく。こういう考える機会、知るきっかけをもっともっと増やしていく事が大事じゃないかな~と思いました。お互いにちゃんと顔を合わせて、話合うこと。私たちも、まだまだ知らないことも沢山あるし、会場にお越し頂く皆さんと一緒です!

今回は、パオス第6回目ということもあり、自ら調べて意識の高い方がいたり、"TAIYO33OSAKA"の事チラホラ聞くよ!でも?な方など、色々な考えの方々が集まり、それぞれが違った立場にありながらも、理解を深めようとしている姿は、TAIYO33OSAKAが思い描くイベントに少しずつ近づいているのが実感出来るPAOS!となりました!

12月のPAOS!、残すは1回!!
会場にいる、全ての人に、より良い場所になれば良いなと思います!!!

※12月のPAOS!は全て終了しました。ありがとうございます!

溝田BEST HIT USA

[ 2011.12.12 ]

2011.12.12『PAOS! vol.5』@谷町8丁目 伽奈泥庵@谷町8丁目 伽奈泥庵

『PAOS! vol.5』@谷町8丁目 伽奈泥庵
《LIVE》現代(オニ+ピカ)
《TALK》PIKA☆『福井県もんじゅ見学報告会!』
《上映》『山のかなた』

PAOS!第5回のレポートです!
12月も半ばとなり、寒さも厳しい日ではありましたが、この日も色々な方が来てくださいました!この日、昼間にいっしょに市民投票の署名集めをしていたおっちゃんも、PAOS!のチラシを見て来てくださったりして感激でした。今回の会場は伽奈泥庵。伽奈泥庵は大阪ではじめてミルクでチャイをつくった老舗だそうです。カレーもおいしそうだったけど、今回はカレーもチャイもいただくチャンスがなかったのでまた食べにいきたいですーー!!

この日のライブは現代!なんと元あふりらんぽのふたりがこの日のためにつくった「あんたが太陽!」を披露。つづいて、オニ・PIKA☆それぞれソロでのライブもあり、本当にエネルギーあふれるふたりの歌と、伽奈泥庵のこの空気感とかいろいろあいまって、ぐっときて泣きそうでした。


img1.jpeg


トークではまず、代表のPIKA☆がtaiyo33osaka・市民投票について話しました。チラシをみて来てくれた市民投票のおっちゃんも、原発や市民投票に対する思いをお話ししてくれました。普段のライブとかでは交流できないような、様々な人たちと触れあえるっていうのが、このPAOS!の魅力のひとつだと思います!

そして、TAIYO33OSAKAで訪れた福島と福井の映像の上映。福島へはわたしもいっしょに行かせてもらいましたが、映像を改めてみても、いろんな想いがこみあげて、言葉を失うというか、今でも正直どう思えばいいのかわからないままです。ひとつはっきり云えることは、福島は本当にうつくしい場所、ということくらいでしょうか。テレビで見てるだけやったら福島のひとがなんで逃げないのか、とか、疑問に思ったりすることもいっぱいあると思います。行って福島に住む人と話さないとわからない事がたくさんある。福島といってもとても広いところなので、それぞれの場所にさまざまな問題や現状があって、本当におひとりおひとりに寄り添うことはむずかしいし、全てを理解するということは不可能だと思いますが、行って誰かと話すと分かることが、少なからずあるということだと思います。あとは、正解が何か?ということではなく、なんでや?と思ったら自分で調べること、だれかと話すこと、考えること、が必要なのかなと思いました。

福井のもんじゅに行った時の映像の後、STOP the もんじゅ制作の「山のかなた」の上映が行われました。この「山のかなた」は、もんじゅがどういったものかを解説する、ドラマやインタビューで構成されたビデオだったのですが、長い時間であったにも関わらず皆様すごく真剣に見てくださっていました。京都など遠方から来てくれた人もいたんですが、かなり長丁場のイベントだったので皆様ちゃんと帰れたか心配です~。来てくださった方、ほんとうにありがとうございました!!


img2.jpeg

にい

[ 2011.12.10 ]

2011.12.10『PAOS! vol.4』 @地下一階

‐LIVE‐
下山gezan
Shinji Masuko(DMBQ、Boredoms)
‐TALK‐
HIDE(ULTRA BIDE) × JOJO広重


地下一階で行われた「PAOS!vol.4」は、今までのPAOS!と違い、しっかり爆音設備が整っているライヴ・ハウス。そして、今回ライブをしたアーティストは増子さんや下山と音にこだわりまくった2組だったので、めちゃめちゃかっこよくて、しばし33スタッフだという事を忘れてライブに没頭してしまいました。すみません!!! みんなが大好きな音楽をこうやって、爆音で聞けるのも電気のお陰なんだな~と思ってライブを堪能してました。下山ファンは若い子多いので、好きなアーティストを通じてTAIYO33OSAKAの事や、大阪市民投票の事知るきっかけになればいいなと思いました。きっかけはなんでもいいと思うのです。


gezan.JPG


そして、今回のTALKゲストJOJO広重さんとHIDEさん。本来ギター持たせたら凄いお二方に、今回はギターの代わりにマイクを持って熱いトークをして頂きました。


大阪市民投票がこの日から行われたということもあって、ピカとアチャコ代表が物凄く分かりやすく大阪市民投票の説明を10分程した後、まずはJOJOさんのTALK。8/15のPROJECT FUKUSHIMA!の話からの反原発への賛否両論のお話や、これからどうやって各自のやり方で応援していくかという事を中心にお話ししてもらいました。Twitter等、情報社会の現代で各自ちゃんと発信元を確認して、その情報が正しいものかちゃんと見極めなければいけない。間違った情報の拡散は復興の足を引っ張る事になるので、各自RT等するのも安易にしてはいけない、といったこと。個人的に手軽に入る情報程、手軽に拡散してしまっていたので、もっと気を引き締めなければと思った瞬間でした。


jojo2.JPG


JOJOさんの言葉の中で個人的に心に残った言葉は、「思っているだけじゃやってない人と一緒」とおっしゃったことです。自分の考えを言ったり、行動を起こしたりすることでそれに対して、「反」な人達が出てきてもどちらも間違いじゃないので恐れるなという事なんだな、と個人的に勝手に解釈しました。そういう点では、HIDEさんも「自分がかっこいいと信じている道」を突き進むだけだ。とロックンロールなお話をしてくださっていました。もう、HIDEさんはある意味言葉はいらないっすよ(笑)ロッケンロールっすよ!!!!


jojo hide.JPG

最後はJOJOさん×HIDEさんを交えての資本主義の話でした。2人とも言葉は違えど、「個人がやれる事、出来ることは限られてるし。大きなものはすぐには変わらない。みんながみんな同じ方向ではないんだから、自分がやりたいと思ったことしか出来ないし、自分がやりたいと思ったことは自分しかやれないんだから!!責任もってやっていこうぜ」というお話でした。人生の先輩もかっこいいことしかしないって言うてるんすから、うちらもTAIYO33OSAKAをやりたいと思ってこうやって動きだしていることに誇りと責任を持って2013年の太陽大感謝祭に向けてカッコよく行動していこうと堅く誓ったのです。かっこいいことしかしないぜ!!ロッケンロール!!!!!PAOS!

わかめ

1  2

過去記事アーカイブ

2013.3.3「太陽大感謝祭」@万博記念公園 東の広場
只今の資金
0
今までにかかった経費
5,152,664
今までに集まった資金
5,556,272
収支報告

TAIYO33OSAKAに
賛同・応援してくださったみなさまへ

この度、先日、平成28年12月21日付で

TAIYO33OSAKAの活動資金の残金 417,038円 に +1円 して、

417,039円を以下の3箇所に分けて 各13万9013円 ずつを寄付させていただきました。

①ゴーゴーわくわく キャンプ

東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所事故による
放射能汚染からのこどもたちの保養キャンプ支援
http://55wakuwaku.jugem.jp/?eid=12

②国連 WFP

シリア・アレッポへの食料緊急支援
http://ja.wfp.org/

③ 熊本震災義援金(熊本県)

被災された方への義援金
http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_15416.html

太陽大感謝祭 開催より3年半以上が経ち、東日本大震災から来年で6年になろうとしています、
以上の寄付先はTAIYO33OSAKAの活動で得た学びや出会いを通じて2016年の今現在の状況を考えて決めさせていただきました。
この寄付でTAIYO33OSAKAに関わって頂いたみなさんのお金が誰かの助けや幸いになることを望みます。
素晴らしい体験と学びをありがとうございました。

TAIYO33OSAKA

ピカぽかチュウの「太陽のダンス」