太陽大感謝祭を終えて

2013年3月3日 「太陽大感謝祭」は無事、あたたかな太陽に照らされて、2000人を超える来場者のみなさんと、笑顔いっぱいに終えることできました。

ご協力、応援していただいたみなさま、本当にありがとうございました!!!
お礼の挨拶がとっても遅くなってしまってごめんなさい。

開催から早くも9ヶ月が経とうとしています。
震災から生まれたTAIYO33OSAKAは「大阪からも何かできるかも」と、わからないながらに多くの人が集まりました。
様々な価値観の中で、何度も話し合いながらつくった祭の中で、学ばせてもらったことはとても多く、また、その祭づくりの過程を体験する事で、知らなかった社会のことを知るきっかけや気づきになりました。

震災から2年8ヶ月。
大きなお祭りを興しても今だ状況は解決されず、問題はまだまだ続きます。

そしてやっぱり人は忘れていくから。

小さくても継続していくことが今はとても大切だと思います。

先日 11月9日 TAIYO33OSAKA実行委員会は解散しました。
33で学んだことや気づきを糧にして、たくさんの新しいことがもう始まっています。

10月14日には、島根県で太陽大感謝祭が開催されました。

大阪の祭の写真をみた人が自発的に開催してくれました。晴天に恵まれる中、移住された方、地元の人、全国からかけつけた子供も大人も1000人程が集まる素晴らしいお祭りでした。

太陽大感謝祭はどんどんと広がりをみせています。

笑って、踊って、唄って、食べて、

みんなで太鼓を叩く、

太陽と、自分の太陽に感謝してみんなで太陽になる祭り。

祭をつくること。

TAIYO33OSAKAは、形は変わるかもしれませんが、今後も存在は残して、小さくても続けていこうとおもいます。
(※TAIYO33OSAKA は 2013年末をもって解散・終了いたしました。)

パプリックコメントを投稿していただいたみなさま、活動資金を寄付していただいたみなさま、本当にありがとうございました。
ここで一旦、コメントフォームと口座を締めさせていただきたいと思います。

改めて、この場をおかりして、ご協力してくださったみなさま、応援、見守っていただいた全てのみなさま、本当に本当にありがとうございました!!!

これからもどうぞ宜しくお願いします!ー☀

エネルギーはここにある!
アンタが太陽ー☀!!!

2013年11月29日
感謝多謝

PIKA☆/愛

TAIYO33OSAKA「太陽大感謝祭」
活動報告書はこちら

TAIYO33OSAKAに
賛同・応援してくださったみなさまへ

この度、先日、平成28年12月21日付で

TAIYO33OSAKAの活動資金の残金 417,038円 に +1円 して、

417,039円を以下の3箇所に分けて 各13万9013円 ずつを寄付させていただきました。

①ゴーゴーわくわく キャンプ

東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所事故による
放射能汚染からのこどもたちの保養キャンプ支援
http://55wakuwaku.jugem.jp/?eid=12

②国連 WFP

シリア・アレッポへの食料緊急支援
http://ja.wfp.org/

③ 熊本震災義援金(熊本県)

被災された方への義援金
http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_15416.html

太陽大感謝祭 開催より3年半以上が経ち、東日本大震災から来年で6年になろうとしています、
以上の寄付先はTAIYO33OSAKAの活動で得た学びや出会いを通じて2016年の今現在の状況を考えて決めさせていただきました。
この寄付でTAIYO33OSAKAに関わって頂いたみなさんのお金が誰かの助けや幸いになることを望みます。
素晴らしい体験と学びをありがとうございました。

TAIYO33OSAKA

TAIYO33OSAKAとは

2013年3月3日、
「太陽大感謝祭」を目標にした、継続的な祭り興しプロジェクト。

「TAIYO33OSAKA」は、3月11日の震災をきっかけにはじまりました。
笑いと芸術の町、大阪を中心に、みなさんと一緒にエネルギーについての関心や知識をより深め、
今のこの私達の世界のこと、日常生活の中から、人が人として本音で話せ、
自分達の事は自分達で決めていける、より愛ある世界になるように、子供たちにそんな未来を残せるように、
限ない視野で活動をしています。

そしてその集大成として「太陽大感謝祭」を開催することで、来場者、参加者、関係者、
立場の垣根を越えた人たち(市民)に参加してもらい、みんなでつくる祭つくりを通して、
自分自身がものつくり(発電などのエネルギーつくり)を体験する事で、この世の中の人々がより
依存から自立に目ざめ、市民、一人一人が問題や街の事を自分の事と捉えれる、
より土台がしっかりとした社会や街になること、震災以降の日本がより元気になること、
市民のエネルギーやアートへの関心、社会の問題も含む関心を引き上げたいと考えています。

また感謝するというコンセプトをもち、祭りで多様な人々と出会い繋がることで、
人の本来もつ真心や心の豊かさ、人との違いの中で自分自身を改めて再確認することで、
自分のエネルギーを感じ、考える場所を提供します。

震災以降の様々な問題に直面している緊迫した日本に大阪からの、
元気であたたかな風になれたらと考えています。

TAIYO33OSAKA 実行委員会 代表 ピカ☆ アチャコプリーズ

2013.3.3「太陽大感謝祭」@万博記念公園 東の広場
只今の資金
0
今までにかかった経費
5,152,664
今までに集まった資金
5,556,272
収支報告

TAIYO33OSAKAに
賛同・応援してくださったみなさまへ

この度、先日、平成28年12月21日付で

TAIYO33OSAKAの活動資金の残金 417,038円 に +1円 して、

417,039円を以下の3箇所に分けて 各13万9013円 ずつを寄付させていただきました。

①ゴーゴーわくわく キャンプ

東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所事故による
放射能汚染からのこどもたちの保養キャンプ支援
http://55wakuwaku.jugem.jp/?eid=12

②国連 WFP

シリア・アレッポへの食料緊急支援
http://ja.wfp.org/

③ 熊本震災義援金(熊本県)

被災された方への義援金
http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_15416.html

太陽大感謝祭 開催より3年半以上が経ち、東日本大震災から来年で6年になろうとしています、
以上の寄付先はTAIYO33OSAKAの活動で得た学びや出会いを通じて2016年の今現在の状況を考えて決めさせていただきました。
この寄付でTAIYO33OSAKAに関わって頂いたみなさんのお金が誰かの助けや幸いになることを望みます。
素晴らしい体験と学びをありがとうございました。

TAIYO33OSAKA

ピカぽかチュウの「太陽のダンス」